キレマックスHMBサプリ

キレマックスHMBはいつ・どのタイミングで飲むのがベストなのか?

キレマックスは多数の人気アーティストが所属している音楽レーベルエイベッ酸の1つであるロイシンをより細かく分解した成分のことで、筋肉を作っていく上で欠かすことのできない成分です。筋肉を作ると言えばまずプロテインが思い浮かぶかもしれませんが、プロテインとキレマックスHMBの最大の違いはその効率性です。

 

1日に必要とされるHMBは3gとされています。キレマックスHMBは1日6粒で1800mgのHMBを摂取することができ、1日最大で10粒摂取できるので、これだけでクスが開発したHMBサプリです。エイベックスのアーティストの美と健康を支えるために開発されました。

 

HMBとは人間が体内で作ることができない9つの必須アミノ1日に必要なHMBを摂取することができます。プロテインはパウダー状の粉末を水や牛乳で割って飲まなくてはなりません。プロテインで1日に必要なHMBを摂るには、パウダー状の粉末プロテインを約20杯分と大量の水や牛乳を飲まなくてはいけないことになってしまいます。

 

キレマックスはただ飲めばいいというものではなく、その飲み方も大事です。いつ飲むかというタイミングを知っていなければ大きな効果を得ることはできません。ではいつ飲むのが良いのか。飲み方のベストなタイミングは筋トレをする30分前か、筋トレ中になります。6〜10粒を目安に飲んでください。

 

キレマックスを飲むことで、筋肉が分解されることを防ぎ、回復を早めてくれるので、トレーニング中の摂取が最も効果があります。高い負荷をかけるトレーニングをしたり、より多くの筋肉をつけたい場合などは多めに飲むなど、6〜10粒の範囲で自分に合った量を調整すると良いでしょう。

 

キレマックスはサプリであるのでただ飲んでいるだけでも効果はあるかもしれませんが、あくまで筋トレや運動の効果を高めるためのものです。トレーニングによる筋肉の分解を抑え、その筋肉の回復をサポートし、筋力アップにつなげる、というサイクルを繰り返すことで、理想の体を作っていきます。ただ飲んだだけでは筋肉を発達させる準備ができている段階にすぎません。

 

その後にトレーニングを行うことが重要で効果を実感できるようになってきます。ですからその効果を最大限に発揮できるように、飲み方やいつ飲むかのタイミングをしっかりと把握した上で摂取するようにし、同時にトレーニングも習慣的に行っていって理想の体に近づけていきましょう。